2015年8月3日月曜日

池田郷土史学会のご紹介とご案内

◎池田郷土史学会ご紹介
1914年(大正3)「池田史談会」が発足しました。
 池田町長林田松三郎(安平)、稲束芝馬太郎(最初の会長)、岸上善五郎、原田長治、稲束猛、吉田鋭雄らの手により、新聞「太陽日報」に稲束猛、吉田鋭雄の「池田人物誌」が連載され、『池田酒史』『池田人物誌-上下-』『池田叢書』(5冊で中絶)などが続々と発刊されました。
 綾羽町の稲束家住宅は今も昔の豪商町屋の面影を伝えています。蕪村や呉春の作品も多く池田に残され、小林一三の逸翁美術館コレクションに入っています。
※富田好久「創立50年のあゆみ」『池田郷土研究』第5号2002年より

太平洋戦争後の1952(昭和27)年、北摂郷土史学連合会会長の粟野頼之祐の勧めもあって、戦争で活動が中絶していた「池田史談会」の再興が図られ、「池田郷土史学会」が発足しました。会長武田義三(池田市長)、副会長江坂長四郎(大阪学芸大、現教育大教授)、名誉顧問小林一三、顧問魚澄惣五郎、粟野頼之祐、林田安平ら、理事原田憲、林田良平、前田利三郎らの手で活動が始まり、幹事舟ケ崎正孝、小伏輝男が実務に当たりました。
 1952年5月25日第1回例会は大広寺で「牡丹花肖柏について」(弥吉菅一大阪学芸大助教授)が開催されました。

【参考】池田叢書
・吉田鋭雄『田中桐江伝』池田史談会 1923 (池田叢書第1編)
・荒木蘭皐『鶏肋集』池田史談会 1923 (池田叢書第2編)
・山川正宣『山川正宣集』岸上善五郎編 池田史談会 1924 (池田叢書第3編)
・坂上稲丸・井上遅春『俳諧呉服絹・呉江奇覧』池田史談会 1925 (池田叢書第4編)
・牡丹花肖柏『春夢草 附夢の名残』池田史談会 1927 (池田叢書第5編)


◎池田郷土史学会とは(池田郷土史学会会則第2条、第3条より)
<目的>
 ・池田市を中心とする郷土史研究を行う
 ・池田市の文化・学術行政に寄与する
 ・市民に郷土の歴史に関する知識を普及し、豊かな社会創造に寄与する
<活動内容>
 ・研究発表、講演会および見学会
 ・会誌ならびに史料の発行
 ・郷土の歴史と文化財を普及するための資料の刊行
 ・史蹟の保存ならびに保護に対する協力
 ・池田市史編纂に対する協力
 ・市史編纂のための史料蒐集および保存
 ・その他、この会の目的達成のために必要な事業
<市と協働することのできる事業>
 ・郷土の歴史と文化財を普及するための資料の刊行事業
 ・史蹟の保存ならびに保護に対する協力事業
 ・市史編纂のための史料蒐集および保存事業


◎平成15年5月19日に池田市の公益活動として指定され、助成(池田市公益活動助成金)を受けています。


◎例会について
 とき:毎月第2日曜日 13:30より15:00まで(原則、4月総会、8月は休み)
 場所:池田コミュニティセンター(池田市栄本町9-1 電話:072-751-5983)、池田中央公民館(池田市菅原町1-1 電話:072-754-6299)など


◎主な活動
  1. 年11回、古代〜現代までの歴史講演会、研究発表会、見学会の開催(講師:地域歴史の研究者及び会員による)
  2. 『池田郷土研究』の編集と発行(年1回4月発行) ※平成27年7月現在、1〜17号まで発行

◎組織概要
名称:池田郷土史学会
会長:富田好久(元大阪青山短期大学教授)
連絡先:栄本町9-1 コミュニティセンター2F いけだNPOセンター内
電話番号:072-752-4334

0 件のコメント:

コメントを投稿